HARLEYのキーカバー、カスタムオーダーありがとうございました!

いつも87ちゃんに

31のアイスをいっぱい買ってきてくれる

ビビるさん

(大木さんに似てるからだそうです)

こと、Kさん!

実は当店で一番すごい?

The Armor Silver925 (受注生産) - 38 Silver works KOBE
見覚えのある工具のダイヤルが付いた一見してまさか鍵だとは分からない銀の塊。注目度抜群のカスタムキーが誕生しました!!The Armorその名の通り

これを既にお持ちな上に

今回追加でお手軽な

こちらをご注文くださいました!

こちらの商品はといいますと

ハーレーの鍵って

樹脂製の黒いキーカバーが

最初からついていますよね。

あの黒いキーカバーの

更に上から被せるだけで

簡単にカッコよくなる

キーカバーなのです!

真鍮製、シルバー製がありまして

左が真鍮製です。

右のシルバーはフックが付いていませんよね?

これはKさんがカスタムしたい部分でして

鋳造前にワックスの時点で

既にカットしてあります。

まずはシルバー製の棒を用意。

これを加工して

フックの代わりにマルカンをつけます。

ただのマルカンでは、、、

と思い、僕の趣味でツイストにさせていただきます。

銀を加工するときは

焼き鈍し(やきなまし)

という作業を行います。

上記の写真は

この炎が写真写りが良くて好きだから撮っているのですが

実際はこれに酸素を足しまして

この様になっております。

片手にトーチ

もう一方の片手で

一眼を操作しておりますので

実は距離感がよくわかっておりません!

いつかカメラやレンズが

熱で故障したらどうしよう、、、

因みに僕は左利きですが

カメラって絶対右利き用じゃないですか。

こういう時

もともとトーチは利き手で持つので

便利かもしれません。

焼いた銀材。

こちら、よーく見てください。

モニターの環境によって

分からないとかもしれませんが

銀の棒がうっすらピンク色になっています。

これを水に入れて冷やします。

ジュー!!

ってなるんですが

片手一眼で失敗(笑)

よくわかりませんね。

これで焼き鈍し完了です!

鉄はバーナーで炙りながら曲げたりしておりますが

銀や真鍮はこれで充分、加工しやすくなっております。

次に、万力に挟んで

ツイストにする為

タップハンドルを使います。

タップハンドルはネジを切る道具で

当店ではあらゆる商品にネジを切っておりますので

大小揃えております。

こちらは小さいハンドルです。

ペンチでもなんでも構わないのですが、

僕はタップハンドルが好きです。

ゆっくりネジって様子をみます。

このぐらいのツイストが僕の好みです。

やりすぎは嫌いなのですが

訳あって、まだいきます。

このぐらいねじっときましょう。

こんな感じになりました。

ツイストは

デザインがカッコいい

って言う事もありますが

実は強度が増すので

好きなんですよね。

真っ直ぐの棒より、ツイストした方が曲がりにくいです。

で、ある程度加工しましたら

焼き鈍しが解除されます。

もう一度なましておきましょう。

で、これをマルカンにしていきます。

まずは、先ほど同様

万力の端に挟みます。

そして、欲しい内径ぐらいの

キリ(ドリルの刃の事です)

をご用意下さい。

キリというのは0.1刻みで売ってるので

こういう時にとても便利なんですよ。

しかもハイス鋼ですので

焼き鈍ししたシルバーや真鍮を相手に

負ける事はまずありません。

この様にして巻きつけて行きます。

先ほどツイストを

必要以上に巻いたのは

この時に伸びてしまうからです。

丁度僕好みのツイストになりました!

これもペンチでやろうと思えばできますが

僕はこれが好きです。

ロッキングプライヤー

バイスプライヤーともいいますね!

こちらを喰いつかせていると

かなり簡単に丸カンを作れます。

それを彫金デスクに持って行きまして

重なっている部分を

糸鋸で切ります。

今回1個のマルカンを作るにしては

銀材を長く使いすぎましたね。

もったいない。

はい、切れました。

これを一旦閉じましょう。

横着者の僕が大好きな工具

ソフトタッチです。

ペンチやヤットコの場合

製品に傷がつかない様

革を挟んでやります。

それが面倒なので

僕はいつもコレです。

ツイストがボチボチ合ってますね。

一旦この状態で

ロー付します。

はい、くっつきました。

内側を整えて行きましょう。

ヤスリでやるか

いや、指輪ではないし

ここはスピード重視でこっちですね。

目標は当店の人気シャックル

38 LOCK 3 BRASS or Silver925 - 38 Silver works KOBE
こちらの商品は在庫制ですので、即納可能です。38 lock3は緩み止めの針金を外側に通すことにより安全にお使い頂けます。*現在はM3のナットをオススメしております。シャフトの緩み止めは

38LOCK3(ミヤロックスリー)

のシャフトが通る事。

はい、通りました!

ではこれを本体に取り付けるのですが

このままでは接点がほとんど無いですよね。

実はロー付は

鉄の溶接の様に

モリモリ隙間を埋めていってはくれません。

なので、このままロー付しても

すぐに外れてしまうでしょう。

どうやってそれを解決するかといいますと

マルカン側に平らな部分を作ってあげます。

先ほどよりもピタッと

随分接地面積が増えましたね!

それをロー付すれば

かなり頑丈に本体とくっつきます。

はい、くっつきました!

では仕上げて行きましょう。

この商品はネジ1本を使うだけで

誰でも簡単に

カッコいいカスタムキーに出来る

と言う商品です。

そのねじ穴を

先ほどツイストを作る時にも使用した

タップハンドルで作って行きましょう。

たかがシルバー

と思わずに

タップやキリで加工するときは

ちゃんと油を塗った方が良いです。

なので、その油で

切り粉がまとわり付いていますね。

シルバーなので集めておくと溶解できます。

油をちゃんと落としてから

燻し液で黒化します。

真っ黒になりました。

ここから

ピカピカにならない程度

に磨いて

当店らしい仕上がりになりました!

いい感じです!!

先日納品完了いたしました!

昨日の佐々木さんは

当店とGAM-A-MAMAの共通のお客様でしたが

Kさんはいつも

世話なってるから

ゴッドバレーさん

を宣伝してくれと言っておられます。

しかし

探したのですがHPが見当たりません。

友達のマコっちゃんがいる

モトブルーズのサイトを貼り付けますね!

https://search.rakuten.co.jp/search/mall/GOD+VALLEY/?sid=221923

ていうかそもそも知名度は

当店の数倍上だと思いますが😂

Kさん、いつもありがとうございます!

https://item.rakuten.co.jp/38kobe/kc-01br/

シルバー製はお問い合わせ下さい。

タイトルとURLをコピーしました