めちゃめちゃ尖ったスタッズリングは、ズレてます。

ダイエットの記事の途中に挟んでごめんなさい(^^;

今日は彫金のネタです。

毎回ワンオフ製作しているコチラ、パッと見わからないですが、とても個性的なスタッズリングなのです。

まずはスタッズの尖り方。

めちゃめちゃ尖ってます。
肉を叩くやつより尖ってます。

一つ一つの山は鋭角で鋭いのですが
ハンコ注射の原理であまり痛くはありません。

もちろん、手を繋いで頂いても、、、

それは痛いです(笑)

そして、画像をよく見て頂くと分かるかもしれません。
スタッズの山の並びをよくご覧ください。

こちらのリングは真ん中の列を半分ずらしています!!

普通は山が隣の列と揃っているはずなのですが
この様なスタッズリングはどうやって創るのでしょうか?

ハンドメイドだと3本の1列スタッズリング
ロー付けするという方法になるでしょうか。

そもそもスタッズリングを360°シンメトリーに創る事自体が
めちゃくちゃ大変なのです。

アクセサリーはSILVERや金の地金代だけではなく
実際にかかる手間や時間、デザインで料金を設定しています。

会社によってはブランド代や広告宣伝費
一等地にあれば家賃分も考慮するかもしれません。

それは蛇足でした。
ハンドメイドだと超時間かかるよね、って話です。

はい、僕はデジタルの人です。

地金もワックスも楽しいですが
今はもっぱらデジタルでジュエリー制作するのに夢中です。

こんなスタッズリングは手では(効率が悪くて)できません!

次はもっと手ではできにくいスタッズリングを紹介しますね!

この指輪は製作上の理由で(特殊な方法で製作しています。)
ちょっと鋳造が荒れてしまう可能性があります。

オーダーはそれを理解したうえでお願いしますね!
価格は技術料ですので、サイズが変わってもあまり変わりません。

Silver925製 ¥18,000- 
納期1か月~3か月(繁忙期はもっとかかる場合があります。)

(2021/4/15のお値段です。価格は予告なく変更されます。ご了承下さい。)

オーダーお待ちしております!

ではでは(^^)/~~~

ジュエリー
スポンサーリンク
38 SILVER WORKS KOBEをフォローする
スポンサーリンク
38 SILVER WORKS KOBE 店主のBLOG
タイトルとURLをコピーしました